5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【息抜き】ゲームブックアゲイン【してね】

1 :名前は開発中のものです。:04/06/22 13:43 ID:ojyroFPc
「ゲームブックダブりチェック」というスレを立てるから
そこで、予約をしてから書き込んでくれ。

例えば、
---------------------------------------------
1 名前は開発中のものです。

あなはは、旅に出た。しばらく歩いていると、
道が二つに分かれている。
一つは臭い道。獣の糞が散らばっているようだ。
もう一つは毒沼の道。歩けば足が溶けるかも。

どっちに行く?

糞臭い道>>2
毒の道>>3
元来た道を引き返す>>4
-----------------------------------------
こんな感じで書き込みたいとき、
まずはダブりチェックスレに
「1を書くぞ。選択肢には2,3,4を使う。」
と書いてくれ。
こんな感じにダブりチェックスレで協調し合いながら
ゲームブックを完成させれ。
そのほかのルールもそっちで。

2 :名前は開発中のものです。:04/06/22 15:14 ID:GW/2aIy5
俺はスレッドのログを削除した。

〜Game Over〜

3 :名前は開発中のものです。:04/06/22 16:40 ID:uO23bacD
HTMLで紙芝居もどきのゲームを作るスレ
http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/gamedev/1073180473/l50

4 :名前は開発中のものです。:04/06/22 16:49 ID:ojyroFPc
ちょっとまて、頼むから、こっちには、1と
http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/gamedev/1087889326/
を良く読んだ人以外書き込むな。意見、雑談は↑でお願いします。

んじゃ、ここからスタート

あなはは、旅に出た。しばらく歩いていると、
道が二つに分かれている。
一つは臭い道。獣の糞が散らばっているようだ。
もう一つは毒沼の道。歩けば足が溶けるかも。

どっちに行く?

糞臭い道>>6
毒の道>>5
元来た道を引き返す>>7



5 :名前は開発中のものです。:04/06/22 16:58 ID:ojyroFPc
ってゆうか毒沼ってなんだよ。
毒が地面から沸いて来るってか?意味わからん。
実際、あなたが入った沼は、毒沼ではなかった。
単なる泥沼だった。ただ変な紫色をしていた。
あなたはこの沼を・・

通り過ぎる>>8
潜ってみる>>9
取り合えず飲む>>10

6 :名前は開発中のものです。:04/06/22 19:26 ID:ojyroFPc
あなたは臭い道を歩き出した。
鼻がひん曲がりそうだ。
これは苦しい道のりになるだろう。
ところがだ・・
10分ほど歩くと、なんだがその匂いに慣れてきて、
それが次第に気持ちよくなってきた。
もう少しでこの糞道は終わりだ。
しかし、終わるとなると名残惜しい・・。
そこであなたは・・

もうしばらくここで呼吸を楽しむ。>>11
このまま道を抜ける。>>12

7 :名前は開発中のものです。:04/06/22 19:40 ID:dM3IF7/I
もっとまともな道はないものかと
振り向いたその先にクマがいることに気がついた
動物ずきなあなたは

これは記念になると、クマと交流をはかる>>13
野生のクマは危険、無視して通り過ぎる>>14

8 :名前は開発中のものです。:04/06/22 20:19 ID:ojyroFPc
無事沼を通り抜けた。
それから何時間か歩くと、城が見えてきた。
ようやくたどり着いたか・・。私はこの城

の王様に招待されてきたのだ。>>15

に進入して究極の宝と呼ばれるものを
盗むのが旅の目的なのだ。>>16

9 :名前は開発中のものです。:04/06/22 20:22 ID:ojyroFPc
潜るもなにも浅すぎる! >>5

10 :名前は開発中のものです。:04/06/22 20:56 ID:ad+fmIyS


〜Game Over〜

11 :名前は開発中のものです。:04/06/22 22:29 ID:xB3iSzmJ
[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

〜Game Over〜













12 :名前は開発中のものです。:04/06/22 22:30 ID:xB3iSzmJ
[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

〜Game Over〜

[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

13 :名前は開発中のものです。:04/06/22 23:00 ID:OgwJGL+D
>>1ばっかだなw

14 :1:04/06/22 23:08 ID:ojyroFPc
これほど荒らしに弱いスレはないよなw

15 :名前は開発中のものです。:04/06/22 23:23 ID:jWfYSiL3
[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

〜Game Over〜

[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

16 :名前は開発中のものです。:04/06/23 06:24 ID:JI54BLKg
無能な1はみんなにボコられましたとさ
めでたしめでたし

〜Game Clear〜


17 :1(往生なし):04/06/28 22:51 ID:i1O3BopC
さてと、こそ〜り再開するか・・。もう予約はなしということで。
今のところ必要なさそうだから。

ここで中断するとこのスレを楽しみにしていた読者諸君
からブーイングが来るからな。
・・というか、このスレを見ているのはストッパー様ぐらいのもの?(゜A゜;)

じゃ、ここからスタート。俺一人だとまったりペースになると思うんで、みなさん
積極的に参加して下さい。
------------------------------------------------------------

あなたは旅に出た。
そして死んだ。
気がつくと一面のお花畑の中にいた。
遠くを見渡すと大河が広がっている。

川を渡る。>>18
川から遠ざかる>>19
川沿いに歩いてみる>>20
しばらく花畑にいる>>21

18 :名前は開発中のものです。:04/06/29 04:00 ID:tzn5BCTC
貴方は無事三途の川を渡り、成仏した。

〜Game Over〜

19 :名前は開発中のものです。:04/06/29 19:38 ID:yeSIawmG
川を背にしてしばらく歩くと、ごつい兄ちゃんに呼び止められた。
「おい、おまえ! 何処へ行く? 
 ・・ちゃんと川渡んないと駄目じゃなか。」

殴る>>22
逃げる>>23
ここは素直に渡っとく>>18


20 :名前は開発中のものです。:04/06/30 23:10 ID:cCdtHJoY
川沿いにしばらく歩いてみたが
どこまでたっても同じ風景だ。
川の向こうはよく見えないし、
岸沿いには花畑が続くのみ。
ただそれだけだった。
さて・・

川を渡る>>18
川から遠ざかる>>19
このまま全身を続ける>>24
反対側へ歩いてみる>>25

21 :名前は開発中のものです。:04/07/02 15:51 ID:+jm8+N+B
しばらく花畑に座り込んで、ぼんやりとしていた。
上を見上げると、水彩画で書いた虹を水で広げて
ぼやかしたような、とりとめはないが、美しい
空が広がっていた。
なんだか眠たくなってきた。
心に不安はあったが、全てを忘れて眠っていれば
またもとの世界に戻れるのではないないか?
そんな気分になった。

寝る>>26
このまま座っとく>>27
川の辺りを探索する>>20
川とは反対側へ歩く>>19

22 :名前は開発中のものです。:04/07/03 17:32 ID:hSEy2SMU
不意の一撃が思ったように相手の顔面を捉えた。
相手はのけぞり、かぶっていた帽子が落ちた。
そしてその顔を良く見ると、皮膚が赤く、頭には
角が一本はえていた。つまり相手は鬼だったのだ。

私がそう認識した時には、既に相手は反撃に出ていた。
鬼の手がまさに鬼のような速度で私の頭を捕らえ、わしずかみにした。
足が宙に浮く。

「苦しいか?だが死ねないんだぞ。既にお前は死んでいるのだからな。
ちゃんと成仏するにはこの先の川を渡ってもらわねば困る。」

私はもがいた。どういう抵抗をしたか覚えていないが、すべて無意味
だったようだ。。そのまま鬼に連れられて川を渡り、そしてそのとたん
この世界の言葉は全て忘れてしまった。

〜Game Over〜


23 :名前は開発中のものです。:04/07/04 23:17 ID:JmkKLxwW
しかし回り込まれた!
コマンド?

殴る>>22
なお逃げる>>28
様子を見る>>29
御経を唱える>>30

24 :名前は開発中のものです。:04/07/06 19:44 ID:MFdz5nA0
なんと橋を見つけた!

渡る>>31
渡らない>>32

25 :名前は開発中のものです。:04/07/06 20:05 ID:MFdz5nA0
方角を変えて30分くらいは歩いただろうか・・
川岸は花畑が広がっているだけだと思っていたが、
突然足元から声がした。
「良かった!鬼じゃないぞ!」
声の方を見ると草陰から人が覗いている。
その人はゆっくりと立ち上がり、あたりを見回して
から再び口を開いた。
「君、この川を渡ったらお終いだよ。三途の川だという話
だからね。我々はどうすれば現世に戻れるかを相談している
んだ。君もこっちに来るといい。」
男に指を指されて初めて気がついたのだが、
草の向こうは土地がくぼんでおり、そこには100人以上の人間が
座っていて、皆一様にこちらを見てるではないか。
老人から子供までいるが、皆、身なりは現代人そのものだった。

彼らの話を聞いてみる>>33
無視して歩き続ける>>34

26 :名前は開発中のものです。:04/07/08 01:11 ID:A6qWeusW
眠りに就こうとするがなかなか寝付けない
そんなときは

エロ画像を探す
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1087724317/254

少し辺りを歩いて見る
>>25

27 :名前は開発中のものです。:04/07/08 11:58 ID:H9EQ8RWF
[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

〜Game Over〜

[[[[[[[[[[[STOP]]]]]]]]]]]

28 :名前は開発中のものです。:04/07/08 19:12 ID:lGOmHCli
とりあえず人目につかないところへ逃げたい・・
>>35

29 :名前は開発中のものです。:04/07/17 03:04 ID:6ApqeLAH
「おい、おまえ! 何処へ行く? 
 ・・ちゃんと川渡んないと駄目じゃなか。」

同じ事を言い始めた。フラグが立ってしまった様だ。

殴る>>22
逃げる>>23
ここは素直に渡っとく>>18

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)